本田ヒルズタワークリニック 口コミ

泌尿器科と美容外科、包茎手術における双方のメリットとデメリット

包茎で悩んでいる人が治療のために病院に行くとしたら、
何科に行けばよいのでしょうか?

 

包茎治療はなかなか人に聞きづらいことですが、
そんなあなたのためにどこに行けば良いのかから、
それぞれのメリットとデメリットまで分かりやすくまとめました。

 

 

 

■包茎治療には、どこに行けば良いのでしょうか?

 

包茎を治療する病院には、泌尿器科と美容外科の2つがあります。
どちらも医師が治療してくれる点は同じなのですが、治療の費用や治療内容で異なってきます。

 

 

 

■泌尿器科でのメリットとデメリット

 

泌尿器科での包茎治療についてですが、泌尿器という性器に関連した治療の中の一つとして
包茎治療を行っています。

 

泌尿器科での治療のメリットについてですが、包茎手術をする際に保険が適用されることでしょう。
保険適用されますから3〜6万円と費用がかなり安くなることです。

 

泌尿器科での治療のデメリットは、包茎治療専門ではなく、あくまでも性器の治療の一つだということです。
包茎手術で包皮を切除すると、切除後につなげた部分の皮膚の色が異なってしまうものです。

 

保険適用で安く包茎手術を行うことができても、手術方法が簡単な環状切開法を
選ばれてしまうことが多いのですが、その場合、手術後の多くで切除部分の色が
ツートンンカラーになってしまいます。

 

また、保険の対象は医師が判断する真性包茎やカントン包茎の場合だけであり、
仮性包茎に使うことはできません。
手術後の経過が悪くて入院した場合には、その費用は保険の対象外となります。

 

 

 

■クリニックの美容外科でのメリットとデメリット

 

美容外科のメリットについてですが、クリニックのように独立して経営されている場合が多く、
美容外科の専門に特化しているので、包茎治療にも優れています。
包茎手術についても、亀頭直下埋没法のように亀頭下のしわ部分に手術跡を
集めるようにすることで、手術跡を目立たなくする手法が一般的です。

 

泌尿器科と異なり、本田ヒルズタワークリニックなどのクリニックでは、
専門に治療していますから手術に手馴れている医師が多いのもメリットといえましょう。

 

美容外科のデメリットとして、真性包茎やカントン包茎を手術する場合でも、
保険治療が使えないので費用が余計にかかることでしょう。

 

 

 

■まとめ

 

泌尿器科とクリニックの美容外科について、それぞれメリットとデメリットをまとめてみました。

 

真性包茎やカントン包茎の場合は保険が使えるので泌尿器科でもよろしいのですが、
手術跡などを考えますと費用は多くかかりますが、若い人ほどクリニックの美容外科のほうを
選ぶ傾向が強いといえます。